HOME>トピックス>設計、建築、竣工、フォローという仕組みと相談対応、イベントの実施

設計から手がけます。

間取り図

今やすっかり人気となった注文住宅。日本各地にはそんな注文住宅を展開するハウスメーカーも数多く展開されてきています。広島県においても同様で、県内には実に多くの注文住宅が提供されているところです。広島県の注文住宅の仕組みは次のようになります。まずはどのような家を作るのかを図面に落とし込みます。これがいわゆる設計と呼ばれる段階です。設計が完了したら家の建築に入り、図面に従って家を建てていきます。

竣工後のフォローもします。

家族

家が完成したら施主による確認が行われ、問題なければ家の引き渡しとなります。そして広島県の注文住宅はこれで終わりではありません。竣工後において万が一不具合が生じた場合にはハウスメーカーのスタッフが迅速かつ的確に対処します。また定期的にメンテナンスを実施するなど、充実したアフターフォローとなっています。

家に関する様々な相談に応じます。

広島県にある注文住宅を手がけるハウスメーカーでは様々なサービスを提供しています。まず挙げられるのが家に関するあらゆる相談に応じてくれるという点です。家づくりに関することはもちろんのこと、資金や資産のこと、税金のことやローンのことなど様々な悩みについて応じてくれます。

イベントも積極的に実施しています。

また広島県にある注文住宅を展開するハウスメーカーでは建築見学会や完成見学会などといったイベントも積極的に実施しています。建築中の家を見学できる建築見学会では家の構造や断熱など普段見ることができない要素を確かめることができます。また完成した家を見学する完成見学会ではそのハウスメーカーのスキルに高さをじかに感じ取ることができます。いずれも多くの人が参加しており、盛況となっています。

広告募集中